こんにちは、あっという間に桜が散ってしまいました。もうすでに5月並みの気候です。

さて、本日4月12日より、令和3年度の測量士補・測量士の受験願書受付が開始されました。以下に簡単に概要をまとめておきます。

1. 願書受付期間

令和3年4月12日(月)から5月17日(月)まで
郵送の場合は、5月17日(月)までの日付の消印があるものに限る。但し、後納郵便、別納郵便の場合は、5月17日(月)までに必着。

国土地理院 HPより

1か月ほど、願書受付期間があります。不備があると受験できませんので、早めに願書出すことをお勧めします。各いう私も、ぎりぎりまで願書出さないほうなので資格試験の時はいつも後ろの受験番号になっています(笑)

2. 願書交付場所

・国土地理院本院及び各地方測量部、沖縄支所
・各都道府県の土木関係部局の主務課
・(公社)日本測量協会本部及び各支部

国土地理院 HPより

上記の箇所に直接受け取りに行くか、郵送で送ってもらう方法があります。私が受験した時は、郵送で送ってもらいました。郵送の方法は、国土地理院 HPに詳細の手続きの記載があります。

3. 願書受付先

〒305-0811 茨城県つくば市北郷1番国土地理院 総務部 総務課 試験登録係

国土地理院HP

4. 願書受付時の注意点

以下、願書送付の際の注意点を書いておこうと思います。ご参考にどうぞ。

  • 上記でも触れたが、不備があると出願できないで、早めに注意して願書出願を行ったほうがいい。
  • 受験地は、居住地から近い受験地で受けるのが良い。測量士補は、午後半日、測量士は1日中試験があるので、そのことを考慮し、仕事の有休をとることを検討する。(受験日 9/12(日))
  • 収入印紙は、郵便局で早めに買っておく。写真や証明写真でサイズに合わせて撮る。規定サイズがなかったら少し大きめの写真を撮っておき、あとで切って調整する。
  • 失敗してもいいように、願書は2~3部くらいもらっておく。

5. 勉強始めるにあたって、本サイトの参考ページ

以下、本サイトで書きなぐった勉強方法などのページです。ご参考にどうぞ。

【測量士補】試験突破のポイントを伝授:勉強の優先順位、ポイントを解説
【測量士】試験突破のポイントを伝授:マーク試験は満点を狙おう。
【測量士・測量士補】試験対策:マークシートに効果絶大な勉強方法

6. 国土地理院 公式ページ

令和3年測量士・測量士補試験について(受験案内)-国土地理院 HP