こんにちは、管理人です。測量士補試験が公開されたということで、今年も恒例の総評と感想を書いていこうと思います。

1. 各問題、個人的難易度と解いた感想

以下に、問題ごとの個人的難易度と解いた感想を書いていきます。個人的難易度の評価は以下の通りです。

  • A: 測量士補を合格するなら、必ず解けなきゃいけない問題。
  • B: 2択位までは絞れるはず。少し勉強すれば確実に点になるかも。
  • C: 測量士補レベルでは少し難しいかも。捨て問になりうる。

難易度の評価は、優しい・・・A<B<C・・・難しい

問題番号 難易度 個人的感想
1 A 超基本問題。容易に解答可能。
2 A eの選択肢が明らかのため、あとは消去法で答えが出る。
3 B 標準偏差を知っていれば答えられる。
4 A(B) 基本問題。過去問でしっかり学習
5 B 測量士は路線計画させられるので必須の知識だが、測量士補にとっては選択肢1が少し厳しいか…消去法で答える。
6 A(B) ウがわからなくても、他の穴埋めより答えは明らか。
7 B(C) しっかり勉強した人だけが解ける問題。
8 B ア、エ、ウより答えは出る。イ、ウはわからなくてもしょうがない。
9 A いつもの問題。得点源にする。
10 A(B) 往路と復路の出発点という点に注意。
11 A オは測量士でよく出てくるが、今回は全く解答に関係しない。
12 A(B) いつもの重さ平均の問題。そろそろ難しい奴が出るか?
13 A(B) 同上。レベル点検の問題。
14 A(B) 仮にイ、ウがあいまいだったとしても、オで絵を描けば解ける。
15 B(C) 過去問でもこの手の問題はあったが、わからず飛ばした人が多いと思う。
16 A(B) 間違い選択肢が過激すぎる。
17 B 新問題ではあるが、つまるところ2択である。
18 B 2は騙されやすいかなぁ。誤りの選択肢の作り方っぽい。
19 A 教科書問題。しっかり覚えましょう。
20 A dがわからなくても、eが明らかにあってるので答えは出せる。
21 A 今年は保健所でした。
22 A(B) 「すべて」は基本的には誤り。
23 A(B) 転位の順番を覚えておく。河川がゆがんでしまう。
24 B よく読めば答えられるけど、自信をもっては難しい。
25 A(B) いつも通りの計算問題。
26 A 準則を理解していれば簡単。
27 A(B) 座標法。過去問に類題あり。
28 A 準則通り

2. 総評

 ざっと問題を評価した結果、A:9問、A(B):11問、B:6問、若干むずめのB(C)が2題となりました。Aの正答が8割、A(B)が6割、Bが4割程度、B(C)以下が2割程度だとすると、16~17問程度。A~A(B)の問題を確実に取れていれば、合格はできる難易度だったと思います。

 合格率は、30%後半ぐらいと予想。去年よりは、問題の質は下がってないけれども、答えが分かりやすいものが多かったと思います。

 やはり、法規~基準点測量までの問題が近年難化をしている傾向が見えます。昨年度書いたように、GNSS測量主流の時代に対応できるようPCV補正、セミ・ダイナミック補正、電子基準点などのキーワードが一層重要になってきていると思います

 また、誤差の問題がちらほら出てきたなと感じています。測量士の方でもその傾向がみられるため、「測量をするからには『誤差』についてわかっていてもらいたい」という国土地理院からのメッセージだと私は思っています。

 今年は、選択肢が難しくても、答えは容易に出せる問題が多かったように思います。来年以降、今年関与しなかった難しい論点が、正解を導くために必要になる可能性があります。これから受ける方は、今年のすべての選択肢の内容、ならびにその周辺知識も勉強する必要があると思います。

3. 参考ページ

①勉強方法

【測量士補】試験突破のポイントを伝授:勉強の優先順位、ポイントを解説

②誤差に関する記事

【測量士・測量士補】誤差の基礎知識:①誤差と補正値(残差)

測量士・測量士補コンテンツに戻る