次の文は、公共測量における河川測量について述べたものである。明らかに間違っているもの
はどれか。

1.河川測量とは、河川、海岸等の調査及び河川の維持管理等に用いる測量(〇)をいう。

2.距離標設置間隔は、起点から河心に沿って、原則として 500 m (⇒200m)とする。

3.水準基標は、水位標(〇:河川の水位を観測している場所)に近接した位置に設ける(なお、水準基標測量は、2級水準測量により行い、設置間隔は5km以上20km以下)

4.定期縦断測量における観測の路線は、水準基標から出発し、他の水準基標に結合する(〇:平坦地は、3級水準測量、山地部では4級機水準測量により行う)

5.深浅測量において、水深が浅い場合は、ロッド又はレッドを用いる(〇:深い場合は、音響測深機、レーザ測深器等を用いる)。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

R3年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る