【測量士補 過去問解答】令和2年(2020)No.15 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,公共測量における地形測量のうち現地測量について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

1.地形,地物などの測定においては,トータルステーションとGNSS測量機を併用しなければならない(×⇒必ずしも併用する必要はない)。

2.現地測量は,4 級基準点,簡易水準点又はこれと同等以上の精度を有する基準点(〇:点間距離が短い低次の基準点に基づく)に基づいて実施する。

3.現地測量により作成する数値地形図データの地図情報レベルは,原則として1000以下とし250 ,500及び1000(〇)を標準とする。

4.細部測量において,携帯型パーソナルコンピュータなどの図形処理機能を用いて,図形表示しながら計測及び編集を現地で直接行う方式をオンライン方式(〇:なお、オフライン方式は現地ではデータのみを収集し、内業で図形処理を行う)という。

5.補備測量においては,編集作業で生じた疑問事項及び重要な表現事項,編集困難な事項,現地調査以降に生じた変化に関する事項などが,現地において確認及び補備すべき事項である(〇:そのほか、境界および注記、表現の誤りおよび脱落なども含まれる)。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

R2年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3-ab,cNo.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*