【測量士 過去問解答】令和2年(2020)No.10 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,日本の準天頂衛星システムなどについて述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

1.高精度な衛星測位を行うため,電子基準点のデータを利用して補正情報を計算し,現在位置を求めるための情報を準天頂衛星から送信している。(〇:GPSの補強の役割に該当)

2.準天頂衛星システムは,日本における衛星測位の利用可能エリアや利用時間帯を広げる効果(〇:GPSの補完の役割に該当)がある。

3.準天頂衛星から送信される情報は,日本と経度の近いアジアやオセアニア地域でも受信が可能である(〇:準天頂軌道(アジア・オセアニア上空を移動)であるため、これらの地域で使用が可能)

4.短縮スタティック法による観測は,1 機の準天頂衛星からの測位信号と 4 機のGPS衛星(〇:GPS・準天頂衛星の組み合わせでは計5衛星以上必要)らの測位信号を同時に受信できれば可能である。

5.スタティック法による10 km以上の観測を行う場合は,GPS・準天頂衛星及びGLONASS衛星の組合せで 5 衛星以上必要(×⇒6衛星以上、かつGLONASSおよびGPS・準天頂衛星をそれぞれ2衛星以上用いる)である。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

R2年度 測量士 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28択一総評 記述総評  
2-B-22-C-32-D-2,35-A5-B5-C-35-D-2

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*