【測量士 過去問解答】令和2年(2020)No.16 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,公共測量における地上レーザスキャナを用いた地形測量及び三次元点群データ作成について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

1.地上レーザスキャナから同じ水平距離内においては,上り斜面(×下り斜面)に向けて観測を行った場合より下り斜面(×上り斜面)に向けて観測を行った場合のほうが,多くの観測点を得ることができる(よって、観測精度を高めるためには、低いところから高いところへ観測することが有効である。)

2.地上レーザスキャナから見た放射方向の座標精度の悪化を補うためには観測点密度を高める必要があり,その方法として同一の場所から器械高を変えて観測することが有効である(〇:レーザーの中間的な観測点を狙うよう高さを調整する)。

3.地上レーザスキャナを用いた地形測量における数値図化では,オリジナルデータから地形,地物などの座標値を取得し(〇:標定点より測地座標系に変換して、オリジナルデータを取得するため、オリジナルデータは座標を持つデータとなる),数値図化データを記録する。

4.地上レーザスキャナを用いた三次元点群データ作成においては地上レーザスキャナを用いて観測した三次元観測データから地形を捉えられなかった点を除去する必要がある(〇:オリジナルデータより、地物以外の反射店を除去し、グラウンドデータを作成する)。

5.地上レーザスキャナを用いた三次元点群データ作成においては反射強度データを使用する必要はない(〇:ただし、地形測量の場合は反射強度を使用して数値図化が行われる。地物の反射強度の違いにより、地物の種類を分類する)。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

参考ページ

地上レーザスキャナを用いた公共測量-国土地理院HP

R2年度 測量士 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28択一総評 記述総評  
2-B-22-C-32-D-2,35-A5-B-15-C-35-D-2

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*