【測量士 過去問解答】令和2年(2020)NO.20 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の a ~ e の文は,公共測量における航空レーザ測量について述べたものである。明らかに間違っているものだけの組合せはどれか。次の中から選べ。

a .コース間標高値の点検は,コース間の重複部分に点検箇所を選定し,コースごとの標高値の比較点検を行う。(〇:重複コース毎の各コース間点検ポイントの標高の較差を求め、較差の平均値、標準偏差、RMS 誤差を求める。)

b .レーザ測距装置の位置は,地上に設置した固定局との基線解析をスタティック法(×⇒連続キネマティック方式)により行い求めることができる。

c .航空レーザ用数値写真の撮影範囲は必要に応じて設定し,計測対象地域の80 %を標準(×⇒計測対象地域をカバーしなければならない)とする。

d .既存データとの整合は,既存データとグラウンドデータとの重複区間を設定して比較及び点検(〇)を行い,必要に応じて再計算処理又は再計測などの是正処置を実施する。(点検箇所は、調整用基準点及び地表遮蔽物の影響が少ないグラウンド、空き地、道路、公園等で平坦な箇所を対象とし、国土基本図の図郭単位ごとに1箇所以上、1箇所当たりの計測数が100点以上存在することを原則とする。)

e .フィルタリング点検図は,フィルタリングが適切に行われたか否か,作成されたグラウンドデータの異常の有無について点検するために作成する。(〇:フィルタリング処理の良否は、背景のオルソフォト画像の植生や橋・建物等の人工構造物に不要な等高線データや計測点がないかを点検する。また、水部ポリゴンがオルソフォト画像の水部と一致し、取得基準を満たしているかを点検する。)

正の内容:赤字、誤の内容:青字

R2年度 測量士 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28択一総評 記述総評  
2-B-22-C-32-D-2,35-A5-B-15-C-35-D-2

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*