【測量士 過去問解答】令和2年(2020)No.22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,国土地理院刊行の 1/25,000地形図で採用されているユニバーサル横メルカトル図法(以下「UTM図法」という。)について述べたものである。 ア ~ オ に入る語句の組合せとして最も適当なものはどれか。次の中から選べ。

解答・解説

  UTM図法では,地球上の北緯 ア 84 度から南緯80度までの地域をガウス・クリューゲル図法で投影している。UTM図法では,経度 イ180 度から ウ 東向きに経度幅 6 度ずつの座標帯に分割し,順番に 1 から60の座標帯番号を付与しており,各座標帯の中央に位置する経線と赤道の交点を,各座標帯における原点としている。

1.ア~ウの図化

各座標帯の原点の座標値を(E,N)で表すと,北半球の地域 を 表 す と き は(E,N)=( エ500 km,0 km), 南 半 球 の 地 域 を 表 す と き は(E,N)=( エ500 km, オ10000 km)としており,各座標帯のすべての座標値に負の数が現れないようになっている。

2. エ、オの図化

  • 原点を(0,0)とおいた場合、経度-3度分、ならびに南半球に負の値が出てしまう。
  • 上記の問題を解決するために、北半球(の座標を示す場合)原点を(0,500)、南半球(の座標を示す場合)原点を(10000, 500)と設定する。
  • 上記の原点設定をすることで、北半球と南半球で同じY座標値を示す点が生じる。そのため、北半球と南半球の符号(MGRS符号:緯度ブロックごとC~Xで表記)を付記し、位置情報を表す。

参考ページ

測量に関するミニ知識>第10回 UTMグリッド地図 その2-国土地理院HP
測量に関するミニ知識>第23回 UTM図法(ユニバーサル横メルカトル図法) その2-国土地理院HP

R2年度 測量士 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28択一総評 記述総評  
2-B-22-C-32-D-2,35-A5-B5-C-35-D-2

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*