次のa~eの文は,空中写真測量の特徴について述べたものである。明らかに間違っているものだけ の組合せはどれか。次の中から選べ。

a. 現地測量に比べて,広域な範囲の測量に適している(〇 )

b. 空中写真に写る地物の形状,大きさ,色調,模様などから,土地利用の状況を知ることができる(〇⇒空中より、森林、田畑などを判別可能)

c.他の撮影条件が同一ならば,撮影高度が高いほど,一枚の空中写真に写る地上の範囲は狭くなる(×⇒広くなる。焦点距離に対して高度が高くなるため)

d. 高塔や高層建物は,空中写真の鉛直点を中心として放射状に倒れこむように写る(〇 ⇒中心投影)。

e.起伏のある土地を撮影した場合でも,一枚の空中写真の中では地上画素寸法は一定である(×⇒地上画素寸法は、焦点距離と高度により決まるので、起伏がある土地では各箇所の高度により、変化する)。

正の内容:赤文字誤の内容:青文字

R1 過去問解答

No.1 No.2 No.3-a,b No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補 過去問に戻る