【測量士補】令和2年(2020)試験の感想・総評

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、檸檬堂っておいしいですよね。気づいたらぐいぐい飲んで次の日後悔してしまいますけど。

さて、令和2年の測量士・測量士補の問題が公開されましたね。「難しい、捻くれている」と巷で話題になった年だったようです。

それぞれの問題について、解いてみた感想と(個人的)難易度、そして全体の総評を書いていきます。それぞれの解答は、明日以降ちまちま書いていきます。

1. 各問題、個人的難易度と解いた感想

以下に、問題ごとの個人的難易度と解いた感想を書いていきます。個人的難易度の評価は以下の通りです。

  • A: 測量士補を合格するなら、必ず解けなきゃいけない問題。
  • B: 2択位までは絞れるはず。少し勉強すれば確実に点になるかも。
  • C: 測量士補レベルでは少し難しいかも。捨て問になりうる。

難易度の評価は、優しい・・・A<B<C・・・難しい

問題番号 難易度 個人的感想
1 A 基本問題。国土地理院と国土交通省の分担を覚えておく。
2 B 作業にかかわる問題。水準測量や精度管理表の記入についてしっかりと理解する必要がある。
3 A 余裕。測量の問題ではない。
4 A 基本問題。過去問でしっかり学習
5 B TSの普及により、あまり手計算せず、機械に任せっきりになっている問題。ただ、選択肢は矛盾を探せば、解答できる。
6 B 測量士では基礎問題。測量士補でも測量の根幹なので、理解しておきましょう。
7 B 両差の補正のみ問題になる。
8 A 基礎問題。最初の穴埋め時点で2択
9 B ア~ウまでは、容易なはず。あとは2択で正直に考えれば解ける。
10 B(C) 結構細かい選択肢。少し難しいか。
11 B(C) 久しぶりに出題された全区間確認。計算がだるい。往路が常に+誤差なので怪しさを感じ取れれば、とてもセンスがいいと思います。
12 A 水準誤差の基礎問題。屈折誤差は聞きなれないかもしれないが、選択肢の組み合わせで落ちるので問題ない。
13 B 公式暗記必須。覚えていれば解答できる。
14 A 測量知識が必要ない。三角関数の知識があれば解ける。
15 A あまりにも正解の選択肢が不自然。
16 A 過去問同様。2019年度NO.17。
17 B 写真測量の用語があいまいだと迷う
18 B 新傾向だが、正解選択肢がわかりやすい。
19 A 基本問題
20 A(B) 勉強しておけば、2択まではいけるはず。
21 A 博物館と病院の地図記号を覚えておけば、解けるはず。あとは、算数の問題。
22 A 基本問題。
23 B(C) 勉強してなければ解けない問題。あまり出題がなかった問題かも。
24 A 正解選択肢があまりにも不自然。
25 B 式も与えられているので、理解していれば解ける。
26 A 無理やり計算でできる。
27 A 座標法。基本問題
28 A 河川測量の種類を覚えておけば解ける。

2. 総評

ざっと問題を評価した結果、A:16問、B:12問、若干むずめのB(C)が3題となりました。Aの正答が8割、Bが4割程度だとすると、18問程度。やっぱり勉強した人間のみ受かるような難易度に調整しているように感じます。

合格率は、30%程度でしょうか。30%きったら受験生は勉強しなさすぎです(もしくは、単純な暗記のみで乗り切ろうとしている)。地理院側はそういう認識で問題を作成したように感じます。

以前の記事でも書きましたが、GNSS測量の知識問題が難しくなっているように感じます。PCV補正、セミ・ダイナミック補正、電子基準点などのキーワードの理解が、より重要となってくる試験だと感じました。

3. 参考ページ

【測量士補・測量士】令和2年(2020)「難しかった、捻くれてた」声続出!? 国土地理院が試験で求めるものとは?
【測量士補】試験突破のポイントを伝授:勉強の優先順位、ポイントを解説

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*