【測量士補 過去問解答】令和3年(2021)No.22 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次の文は、地図投影法について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。


1.正距図法は、地球上の距離と地図上の距離を正しく対応させる図法であり、任意の地点間(×⇒特定の地点もしくは特定の線から)の距離を正しく表示することができる。

2.正積図法では、球面上の図形の面積比(〇:正積図法では、任意の地点における面積が正しい)が地図上でも正しく表される。

3.ガウス・クリューゲル図法(〇:横メルカトル図法の等角投影)は、平面直角座標系(平成 14 年国土交通省告示第9号)で用いられている。

4.平面直角座標系では、日本全国を 19(〇) の区域に分けている。

5.ユニバーサル横メルカトル図法は、北緯 84 ° 以南亜南緯 80 ° 以北の地域に適用され、経度幅6 ° ごとの範囲が一つの平面に投影されている(〇:高緯度は歪みが大きくなるため除外される。西経180度~174度がNO.1で東回りに番号を付ける。(NO.1~NO.60))。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*