【測量士補 過去問解答】令和3年(2021)No.6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 図に示すように多角測量を実施し、表のとおり、きょう角の観測値を得た。新点 ⑴ における既知点 B の方向角は幾らか。ただし、既知点 A における既知点 C の方向角 TA は、225 ° 12 ′ 40 ″ とする。

きょう角 観測値
β1 262° 26′ 30″
β2 94° 32′ 10″
β3 273° 08′ 50″

解答

以下3つのステップを順次行い、各方向角を求める

① 既知点Aにおける新点(2)の方向角T1を求める

 上記の方向角T1を求めます。

 角度だけを見ると少し混乱するかもしれませんが、TAとβ1を足すと、0目盛りからT1の方向を示す角度になります。ただし、角度が1週しているため、最後に360で引く必要があります。よって、方向角T1の値は、

 方向角T1夾角β1 + 方向角TA – 360° 
                   =225°12′40″262°26′30″ – 360°=127° 39′ 10″

① 新点(2)における既知点Aの方向角T2を求める

 次に、新点(2)における既知点Aの方向角T2を求めます。上記のように、方向角T1に180°足した値がT2より、

 方向角T2 = 方向角T1 +180°=307°39′10″

③ ①~②の操作を繰り返し、新点 ⑴ における既知点 B の方向角TBを求める。

 ・方向角T3夾角β2 + 方向角T2 – 360° 
                    =94°32′10″ 307°39′10″ – 360°=42° 11′ 20″
   
   ・方向角T4 = 方向角T3 +180°=222°11′20″

   ・方向角TB夾角β3 + 方向角T4 – 360° 
                      =273°08′50″ 222°11′20″ – 360°=135° 20′ 10″

 よって、 新点 ⑴ における既知点 B の方向角TBは135° 20′ 10″(答)

参考ページ・過去問類題

① 参考ページ

【測量士・測量士補】多角測量の原理①:新点を定める要素
【測量士・測量士補】多角測量の原理②:新点座標の計算

② 過去問類題

【測量士補 過去問解答】 平成30年(2018) No.6

R3年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*