【測量士補 過去問解答】令和3年(2021)No.11 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次の文は、公共測量における水準測量について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。


1.手簿に誤った読定値を記載したので、訂正せずに再観測を行った(〇:直ちに再度観測し、訂正せずに次の行に記入する)


2.観測に際しては、レベルに直射日光が当たらないようにする(〇:太陽熱の片焼けでレベルの性能が狂う可能性があるため)


3.標尺は2本1組とし、往観測の出発点に立てた標尺は、復観測の出発点には立てない(〇:往復で各測点で利用する標尺を入れ替える。零点誤差の消去)。


4.路線に見通しのきかない曲がり角があったため、両方の標尺が見える曲がり角にレベルを設置して観測した(×⇒できる限り、直線状に配置し視準線誤差を小さくする)


5.やむを得ず1日の観測が固定点で終わる場合、観測の再開時に固定点の異常の有無を点検できるようにする(〇)

正の内容:赤字、誤の内容:青字

R3年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*