【測量士補 過去問解答】令和3年(2021) No.7 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次のa〜eの文は、トータルステーション(以下「TS」という。)を用いた水平角観測において生じる誤差について述べたものである。明らかに間違っているものだけの組合せはどれか。次の中から選べ。


a.水平軸誤差は、TS の水平軸と鉛直軸が直交していない(〇:正反で消去できる誤差)ために生じる誤差である。

b.鉛直軸誤差は、TS の鉛直軸と鉛直線の方向が一致していない (〇:正反で消去できない誤差) ために生じる誤差である。

c.視準軸誤差は、TS の視準軸と望遠鏡の視準線が一致していない(〇: 正反で消去できる誤差 。視準軸と水平軸が直交しない状態と同義である。)ために生じる誤差である。

d.偏心誤差は、TS の水平目盛盤が、水平軸と平行でない(×⇒目盛盤の中心が鉛直軸の中心と一致しない)ために生じる誤差である。

e.外心誤差は、望遠鏡の視準線が TS の水平軸(×⇒鉛直軸)から外れているために生じる誤差である。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

参考ページ

【測量士・測量士補】 器械誤差(水平角誤差)と消去方法についてまとめてみた。

R3年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*