【測量士補 過去問解答】令和3年(2021)No.17 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は、空中写真測量の特徴について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。


1.撮影高度及び画面距離が一定ならば、航空カメラの撮像面での素子寸法が大きいほど、撮影する空中写真の地上画素寸法は小さくなる(×⇒大きくなる。撮影面での素子寸法∝地上画素寸法)。

2.高塔や高層建物は、空中写真の鉛直点を中心として外側へ倒れこむように写る(〇:通常の空中写真は、中心投影になる。オルソ画像は正射投影)。

3.他の撮影条件が一定ならば、山頂部における地上画素寸法は、その山の山麓部におけるそれより小さくなる(〇:地表面までの高さに比例して、地上画素寸法が大きくなる)。

4.空中写真に写る地物の形状、大きさ、色調、模様などから、土地利用の状況を知ることができる(〇:田んぼとか畑とか、大まかな土地把握はできる)。

5.自然災害時に空中写真を撮影することで、迅速に広範囲の被災状況を把握すること(〇:よく災害現場でUAVが使用されるようになってきている)ができる。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

参考ページ

【測量士・測量士補】これだけでOK。写真測量の計算問題を解くための基礎知識。

R3年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*