【測量士補 過去問解答】 平成29年度(2017) No.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

図に示すように,円曲線始点 BC,円曲線終点 EC からなる円曲線の道路の建設を計画していた。当初の計画では円曲線半径R = 600 m,交角 α = 56°であったが,EC 付近で歴史的 に重要な古墳が発見された。このため,円曲線始点 BC 及び交点 IPの位置は変更せずに,円曲 線終点を EC から EC′に変更することになった。変更計画道路の交角 β = 90°とする場合,当初計画道路の中心点 O を BC 方向にどれだけ移動すれば変更計画道路の中心点 O′となるか。

解答

当初計画道路と変更計画道路の接線長(TL)が等しいことを利用する。

(1)当初計画道路の接線長を求める。

公式は、TL=R×tan(IA/2)であるから、

TL=600×tan(56°/2) = 600 × 0.53171 =319.026

(2)変更計画道路の接線長より、カーブの半径を求める。

当初計画道路と変更計画道路の接線長は等しいので、

TL’ = R’ × tan(90°/2) =319.026となる。これを解くと、

R’= 319.026。よって、点OをBC方向へ600ー319.026 =280.074≒281(m)移動する必要がある。

参考ページ

【測量士・測量士補】単曲線の性質②-各要素の求め方

H29年度 測量士補 過去問解答

No.1 No.2 No.3-ab,c No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*