【測量士補 過去問解答】 平成29年度(2017) No.24 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

N 市では,津波,土砂災害,洪水のハザードマップや各種防災に関する地理空間情報を利用できるGIS を導入した。次の文は,こうした地理空間情報を GIS で処理することによってできることや, GIS での処理方法について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

1.河川流域の地形の特徴を表した地形分類図に,過去の洪水災害の発生箇所に関する情報を重ねて表示すると,過去の洪水で堤防が決壊した場所が旧河道に当たる場所であることがわかった(○)。

2.津波ハザードマップと土砂災害ハザードマップを重ねて表示すると,津波が発生した際の緊急避難場所の中に,土砂災害の危険性が高い箇所があることがわかった(○:津波の避難所として、高台の場所にあり、そこが土石流危険地域に該当することはあることは予想できる)。

3.住民への説明会用に,航空レーザ測量で得た数値表層モデル(DSM)(○:Degital Surface Model)を用いて,洪水で水位が上昇した場合の被害のシミュレーション画像を作成した(○:地上物を含む高さデータであるので、津波が生じた際に沈む建物を識別することができる)。

4.標高の段彩図を作成する際,平地の微細な起伏を表すため,同じ色で示す標高の幅を,傾斜の急な山地に比べ平地では広くした(×→標高幅を狭くしないと、平地のような微細な起伏は表現できない)。

5.災害時に災害の危険から身を守るための緊急避難場所と,一時的に滞在するための施設となる避難所との違いを明確にするため,別の記号を表示するようにした(○:問題の意味が不明。間違いではないが・・・)。

H29年度 測量士補 過去問解答

No.1 No.2 No.3-ab,c No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*