【測量士補 過去問解答】 平成29年(2017) No.5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の a ~ f は,基準点測量で行う主な作業工程である。標準的な作業の順序として,最も適当なものはどれか。

a. 踏査・選点
b. 成果等の整理
c. 観測
d. 計画・準備
e. 測量標の設置
f. 平均計算

解答

(1)d. 計画・準備
 作業計画書、平均計画図(地形図上に選点する。)

(2)a. 踏査・選点
 実際の現場を踏査する。選点図、ならびに平均図を作成。

(3)e. 測量標の設置
 (2)で承諾をもらった平均図をもとに、測量標を設置する。

(4)c. 観測
 設置した測量標の距離と角度を測定し、各々の観測値を得る。

(5)f. 平均計算
 観測値の誤差が最も小さくなるよう平均計算を行い、各座標を決定する。

(6)b. 成果等の整理

解答のポイント

よく問題に出されるのが、平均図を測量標設置前に作成すること。平均計算を保証する平均図を作成する前に、測量標の設置はできません。覚えておきましょう。

H29年度 測量士補 過去問解答

No.1 No.2 No.3-ab,c No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*