【測量士補 過去問解答】 平成29年(2017) No.17 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,空中写真測量の特徴について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。 次の中から選べ。

1.現地測量に比べて,広い範囲を一定の精度で測量することができる。(〇:空中写真測量の特徴そのものである)

2. 起伏のある土地を撮影した場合でも,同一写真の中ではどこでも地上画素寸法が同じになる(×:地上部の高さによって、地上画素寸法は異なる)

3. 他の撮影条件が一定ならば,撮影高度が高いほど,一枚の写真に写る地上の範囲は広くなる(〇)

4. 高塔や高層建物は,写真の鉛直点を中心として放射状に広がるように写る(〇:空中写真は中心投影として写る。正射投影に変換した画像をオルソ画像という)。

5. 空中写真に写る地物の形状,大きさ,色調,模様などから,土地利用の状況を知ることができる(〇)。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

参考ページ

オルソ画像について 国土地理院HP

H29年度 測量士補 過去問解答

No.1 No.2 No.3-ab,c No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*