【測量士補 過去問解答】 平成29年度(2017) No.25 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,公共測量における路線測量について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

1.IPの設置とは,設計条件及び現地の地形・地物の状況を考慮して標杭(IP杭)を設置する作業をいう(〇)

2. 中心線測量とは,路線の主要点及び中心点を設置する作業をいう。主要点には役杭を設置し, 中心点には中心杭を設置する(〇:主要点はカーブ等の点(BC等)、中心点20mピッチに設置される)

3. 仮BM設置測量とは,縦断測量及び横断測量に必要な水準点を設置し,標高を求める作業をい う。仮BMを設置する間隔は100 m(×⇒500m)を標準とする。

4. 縦断測量とは,仮BMなどに基づき水準測量を行い,中心杭高や地盤高などを測定し,路線の縦断面図を作成する作業をいう(〇)

5. 横断測量とは,中心杭などを基準にして,中心線と直角方向(〇)にある地形の変化点及び地物について,中心杭からの距離と高さを求め,横断面図を作成する作業をいう(〇)

H29年度 測量士補 過去問解答

No.1 No.2 No.3-ab,c No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*