【測量士補 過去問解答】 平成29年(2017) No.10 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,水準測量で使用するレベルと標尺について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

1.自動レベルは,目盛を読み取る十字線が正しい位置にないことがある(〇:自動レベルは、視準線が若干傾いてもコンペンセータの働きで、水平を保つことができるだけ、十字線の調整は必要)ので,視準線の点検調整を行う必要がある。

2. 自動レベルや電子レベルは,円形水準器の点検調整を行う必要がある(〇:両者ともに必要)。

3. 電子レベルは,標尺の傾きをバーコードから読み取り補正することができる(×:できない)。

4. 電子レベルとバーコード標尺は,セットで使用する(〇:メーカーごとレベルと標尺がセットで取り扱う)。

5. 標尺付属の円形水準器は,鉛直に立てたときに,円形気泡が中心に来るように点検調整を行う必要がある(〇:鉛直軸を正しく調整するために必要)。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

H29年度 測量士補 過去問解答

No.1 No.2 No.3-ab,c No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*