【測量士補 過去問解答】 平成29年度(2017) No.13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レベルの視準線を点検するために,図のようにA及びBの位置で観測を行い,表に示す結果を得た。この結果からレベルの視準線を調整するとき,B の位置において標尺Ⅱの読定値を幾らに調整すればよいか。最も近いものを次の中から選べ。

レベルの位置 標尺Ⅰ 標尺Ⅱ
A 1.2081m 1.1201m
B 1.2859m 1.2201m

解答

上図は視準線点検のレベルと標尺の位置関係。以下の手順により、視準線の点検を行う。

(1)レベルAより、ⅠとⅡの高低差を求める。

視準しているレベルは、1m当たり⊿sの誤差が生じるとする。レベルAの観測より、ⅠとⅡの高低差を求めると

⊿H=(1.2081 + 15⊿s)-(1.1201 + 15⊿s)
  =1.2081 - 1.1201 = 0.088 (m)

レベルAから標尺ⅠとⅡの距離が同じであるため、レベルの誤差が消去される。

(2)(1)で求めた高低差を利用して、視準線の誤差を求める

次にレベルBより、標尺ⅠとⅡの高低差を求め、(1)と比較する。レベルBより高低差を求めると

⊿H=(1.2859 + 3⊿s)-(1.2201 + 33⊿s)
= 0.0658 - 30⊿s = 0.088(m)

上記の方程式より、⊿sを求めると

⊿s= (0.88-0.0658) ÷(-30)= -0.00074(m)

よって、誤差分を考慮してレベルBから観測した標尺Ⅱの読定値は

1.2201 + 33 ×(-0.00074)=1.19568

≒1.1957(m)(答)

解答のポイント

1m当たりの誤差を文字で置いて考えることがおすすめです。公式等参考書で紹介されているかもしれませんが、速攻で忘れます。

H29年度 測量士補 過去問解答

No.1 No.2 No.3-ab,c No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*