【測量士補 過去問解答】 平成29年度(2017) No.20

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

航空カメラを用いて,海面からの撮影高度1,900 mで標高100 mの平たんな土地を撮影した鉛直空中写真に,鉛直に立っている直線状の高塔が写っていた。図のように,この高塔の先端は主点P から70.0 mm離れた位置に写っており,高塔の像の長さは2.8 mmであった。この高塔の高さは幾らか。

解答

問題文を側面より模式的に示した図を示す。地上面の鉄塔の高さ⊿hは、地上面の高さH、投影面における主点から鉄塔上部までの距離r、鉄塔の像の長さ⊿rを用いて表すと、

$$⊿h = H\times{\frac{⊿r}{r}}$$

よって、各値を代入して計算すると

$$ ⊿h = 1800\times{\frac{2.8}{70.0}} = 72$$

よって、鉄塔の高さは72m (答)

H29年度 測量士補 過去問解答

No.1 No.2 No.3-ab,c No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*