【測量士補 過去問解答】 令和元年(2019) No.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

図に模式的に示すように,円曲線始点A,円曲線終点Bからなる円曲線の道路建設を計画してい る。交点IP(A及びBにおける円曲線の接線が交差する地点)の位置に川が流れており杭を設置でき ないため,AとIPを結ぶ接線上に補助点C,BとIPを結ぶ接線上に補助点Dをそれぞれ設置し観測 を行ったところ,α=145°,β=95°であった。曲線半径R =280mとするとき,円曲線始点Aから 円曲線終点Bまでの路線長は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。 ただし,円周率π =3.142とする。

解答

図. 問題文の図示

図. 問題文の図示

三角形IP・C・Dに着目して、IAを出し、円弧の中心角を求める。

   IA= 35°+85°=120°(三角形IP・C・Dの内角180°に着目する

ここで、IAと単曲線円弧の中心角が等しいことから、円弧ABの長さは

AB=2×280×120/360×3.142 =586.5 = 587(m)

 

解答のポイント

・IAと単曲線円弧の中心角が等しいことを覚えておく。

 

参考ページ

【測量士・測量士補】  単曲線の性質(路線測量)① 単曲線の基本構成について カーブがきつい(ゆるい)ってどういうこと?

 

R1 過去問解答

No.1 No.2 No.3-a,b No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補 過去問に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*