【測量士補 過去問解答】令和元年(2019)No.11 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公共測量において3級水準測量を実施していたとき,レベルで視準距離を確認したところ,前視標尺までは 70m,後視標尺までは72mであった。観測者が取るべき処置は?

解答のポイント

問題文の図示
  1. 視準距離は、準則で定められている距離を超えない。
    • 今回の問題では、3級水準測量なので、70m以下とする。
  2. 前視、後視の距離を等距離とする。
  3. 後視は移動させない。

1.前視標尺をレベルから2m遠ざけて整置させる。
⇒距離70m以上なので、ダメ。

2.レベルを後視方向に1m移動し整置させる。
⇒距離70m以上なので、ダメ。

3.レベルを後視方向に2m移動し整置させ,前視標尺をレベルの方向に3m近づけ整置させる。
⇒前視、後視距離が等距離でないから、ダメ。

4.レベルを後視方向に3m移動し整置させ,前視標尺をレベルの方向に4m近づけ整置させる。

選択肢の図示

5. そのまま観測する。
⇒前視、後視距離が等距離でなく、かつ距離70m以上であるため、ダメ。

R1 過去問解答

No.1 No.2 No.3-a,b No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補 過去問に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*