【測量士補 過去問解答】 令和元年(2019)No.22 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次の文は,地図の投影について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から 選べ。


1. ガウス・クリューゲル図法(〇⇒ユニバーサル横メルカトル図法の一種)は,平面直角座標系(平成14年国土交通省告示第9号)で用いられている投影法である。   

2. ユニバーサル横メルカトル図法(〇⇒中・大縮尺に用いられる)は,国土地理院刊行の1/25,000地形図,1/50,000地形図で採用されている。   

3. 平面直角座標系(平成14年国土交通省告示第9号)では,日本全国を19の区域に分けており, 座標系のX軸は,座標系原点において子午線に一致する軸とし,真北に向う値を正としている(〇⇒ちなみにY軸は、X軸と直交し、東を正とする)。  

4. 国土地理院がインターネットで公開している地図情報サービス「地理院地図」は,メルカトル投影の数式(〇)を使って作成した地図画像を使用している。  

5. 地球の表面を平面上に投影した地図において,距離(長さ),方位(角度)及び面積を同時に正しく表すこと(×⇒角度と面積は同時に表せない。ほかの組み合わせは可能)ができる。

正の内容:赤字誤の内容:青字

R1 過去問解答

No.1 No.2 No.3-a,b No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補 過去問に戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*