【測量士補 過去問解答】 平成30年(2018) No.28 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,公共測量における河川測量について述べたものである。正しいものはどれか。次の中から選べ。

1. 距離標設置測量は,定期横断測量における水平位置の基準となる距離標を設置する測量である。 距離標は,左右の岸どちらかに(×⇒両方に)設置する。

2. 水準基標測量は,定期縦断測量の標高の基準となる水準基標を設置する測量である。水準基標は, 水位標から十分離れた場所(×⇒十分近接した提内地の地盤強固な場所)に設置する。   

3. 定期縦断測量及び定期横断測量は,河川の形状を断面図として作成する測量である。これらは, 直接水準測量(×⇒やむを得ない場合は、間接水準測量でも可)で実施しなければならない。   

4. 深浅測量は,河川,湖沼などの,水底部の地形を明らかにする測量である。水深の測定は,音響測深機やロッド,レッド(〇:2回測定し、平均をとる)などを用いて行う。   

5. 法線測量(×⇒海浜測量)は,河川又は海岸において,築造物の新設や改修などを行う場合に,等高・等深線図 データファイルを作成する測量である。作成する範囲は,前浜と後浜を含む範囲である。

正の内容:赤文字、誤の内容:青文字

H30年度 測量士補 解答

No.1 No.2 No.3-ab No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*