【測量士補 過去問解答】 平成30年(2018) No.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

図に示すような宅地造成予定地を,切土量と盛土量を等しくして平坦な土地に地ならしする場合,地ならし後における土地の地盤高は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。 ただし,図のように宅地造成予定地を面積の等しい四つの三角形に区分して,点高法により求めるものとする。また,図に示す数値は,各点の地盤高である。 なお,関数の値が必要な場合は,巻末の関数表を使用すること。

解答

区切られた三角形をA~Dとする。それぞれの三角形の面の高さを点高法で求める。面の高さは、それぞれの点の高さの平均より

A= (1.50 + 3.30 + 1.20)÷3 = 2.00m

B= (1.50 + 2.00 + 1.20)   ÷3 = 1.567m

C =  (2.00 + 1.00 + 2.50) ÷3 = 1.40m

D = (1.00 + 2.50 + 1.20)  ÷3  = 1.567m

となる。

各面の高さを平均すれば、全体の面の平均の高さ、つまり地ならし後の地盤高となるので、

(2.00 + 1.567 + 1.40 + 1.567)÷4 = 1.6335 ≒ 1.63m(答)

解答のポイント

参考書には、点高法の公式が記載されていることが多いですが、「点の高さの平均値を面の高さとして取り扱う」という考え方に立ち返れば、おのずと答えを導けると思います。

No.1 No.2 No.3-ab No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*