【測量士補 過去問解答】 平成30年(2018) No.20 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,航空レーザ測量について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

1. 航空機からレーザパルスを照射し,地表面や地物で反射して戻ってきたレーザパルスを解析(〇)し, 地形などを計測する測量方法である。

2. 空中写真撮影と同様に,データ取得時に雲の影響を受ける。(〇:雲や雨が光(レーザ)で反射されてしまうため、観測は晴れた日に行う)

3. 対地高度以外の計測諸元が同じ場合,対地高度が高くなると,取得点間距離が短くなる(× 長くなる)。   

4. フィルタリング及び点検のための航空レーザ用数値写真を同時期(〇:レーザ測量と同じタイミングでないと意味がない)に撮影する。  

5. 計測したデータには,地表面だけでなく,構造物や植生で反射したデータも含まれる(〇:DSM(Digital Surface Model)と呼ばれる)。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

参考ページ

航空レーザ測量-国土地理院

H30年度 過去問解答

No.1 No.2 No.3-ab No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*