【測量士補 過去問解答】 平成30年(2018) No.24 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,防災分野における地理空間情報の利用について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。


1. 災害対策の基本計画を立案するため,緊急避難場所データを利用することとしたが,緊急避難場所は,地震や洪水など,あらゆる種別の災害に対応しているとは限らないことから,対応する災害種別が属性情報として含まれるデータを入手した(〇)。  

2.  最短の避難経路の検討を行うため,道路データを入手したが,ネットワーク化された道路中心線データでは経路検索が行えない(×:ネットワーク化されたデータが必要)ので、ラスタデータ(×⇒ベクターデータ:点と線のデータ)に変換して利用した。   

3.  洪水による浸水範囲の高精度なシミュレーションを行うため,航空レーザ測量により作成された データを入手したが,建物の高さが取り除かれた数値標高モデル(DEM)だったことから,三次元建物データをあわせて利用した(〇:水没家屋まで解析することができる)。

4.  地震や洪水などの災害による被害を受けやすい箇所を推定するため,過去の土地の履歴を調べる目的で,過去の地図や空中写真のほか,土地の成り立ちを示した地形分類データをあわせて利用した(〇)

5.  土砂災害や雪崩などの危険箇所を推定するため,数値標高モデル(DEM)(〇:地形のみの標高データが欲しいので、DEMでよい。)を利用して地形の傾斜 を求めた。

参考:DSM(Digital Surface Model)数値表層データ
   航空測量により、直接得られるデータ(建物等の高さを含む)

正の内容:赤字、誤の内容:青字

参考ページ

航空測量の仕組み-国土地理院

H30年 測量士補 過去問解答

No.1 No.2 No.3-ab No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*