【測量士補 過去問解答】 平成30年(2018) No.15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,一般的な地図に表される等高線について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。


1. 1本の等高線は,原則として,図面の内又は外で,必ず閉合する。(〇)

2. 計曲線は,等高線の標高値を読みやすくするため,一定本数ごとに太めて描かれる主曲線である(〇)。

3. 補助曲線は,主曲線だけでは表せない緩やかな地形を適切に表現する(〇)ために用いる。

4. 山の尾根線や谷線は,等高線と直角に交わる(〇)。  

5. 閉合する等高線の内部には必ず山頂がある(×)。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

H30年 測量士補 過去問解答

No.1 No.2 No.3-ab No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*