【測量士補 過去問解答】 平成30年(2018) No.26

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

図に示すように,点Oから五つの方向に直線道路が延びている。直線AOの距離は400m,点 Aにおける点Oの方位角は120°であり,直線BOの距離は300m,点Bにおける点Oの方位角は190° である。点Oの交差点を図に示すように環状交差点に変更することを計画している。環状の道路を点Oを中心とする半径R=20mの円曲線とする場合,直線AC,最短部分の円曲線CD,直線BD を合わせた路線長は幾らか。 ただし,円周率π=3.142とする。  

解答

問題文を図示して、整理すると上のとおりになる。AにおけるOの方向角と、BにおけるOの方向角の差が、∠AOB = 70°となる。

よって、順次辺の長さを算出すると

AC = 400 - 20 = 380

CD = 400 × 70/360  ×  3.142  =  24.43

DO = 300 - 20 = 280

以上より、各辺の長さを足すと、684.4(答)

H30年度 測量士補 過去問解答

No.1 No.2 No.3-ab No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*