【測量士補 過去問解答】 平成30年(2018) No.5 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次のa~eの文は,トータルステーションを用いた基準点測量の作業内容について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。

a. 測量作業を実施するに当たっては,基準点配点図,既設基準点の成果表及び点の記などを準備する。(〇⇒過去の測量成果を確認する)

b.新点の位置は,平均計画図(〇⇒平均計算を行う計画図)に基づき後続作業での利用などを考慮して,適切な位置に選定する。   

c. 新点位置に永久標識を設置した後(×⇒する前)に,土地の所有者又は管理者から承諾を得る。

d. 観測においては,水平角観測,鉛直角観測及び距離測定を1視準で同時に(〇⇒TSは1視準で水平角、鉛直角、および距離を同時に観測する)行う。

e. 点検計算は,平均計算(×⇒点検測量)の結果を用いて行う。

※ 正の内容:赤字誤の内容:青字

No.1 No.2 No.3-ab No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*