【測量士補 過去問解答】 平成30年(2018) No.10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,水準測量を実施するときに留意すべき事項について述べたものである。明らかに間違って いるものはどれか。

1.レベル及び標尺は,作業期間中においても点検調整を行う。 (〇:観測着手前。1級水準、2級水準測量では、観測期間中10日ごと行う)

2.標尺は2本1組とし,往路及び復路の出発点で立てる標尺を同じにする(×:交換する。それにより目盛誤差による)。

標尺を交換することで、各標高をⅠ、Ⅱ両方の標尺で測定できる。

3.レベルの望遠鏡と三脚の向きを常に特定の標尺に対向させて整置し(〇:鉛直軸の誤差を小さくする。完全に除去することは不可能),観測する。

4.視準距離は等しく,レベルはできる限り両標尺を結ぶ直線上に設置する(〇:視準軸誤差を消去する)

視準距離を同じにすることで、両サイトで同じだけ誤差が生まれて消去される。

5.水準点間のレベルの設置回数(測点数)は,偶数回にする(〇:零目盛誤差を消去する)

標尺Ⅰにv1、標尺Ⅱにv2の零目盛誤差が生じているとすると、A~Cまでレベルを2回設置したとすると、
⊿H = ⊿h1 + ⊿h2 
   ={(b + v2)-(a + v1)}+{(d + v1)-(c + v2)}
   =(b - a)+(d - c)⇒零目盛誤差v1、v2が消去

正の内容:赤字誤の内容:青字


測量実技教科書-厚生労働省認定教材

H30年 測量士補 過去問解答

No.1 No.2 No.3-ab No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*