【測量士 過去問解答】平成30年(2018)No.3 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,地理情報標準プロファイル(以下「JPGIS」という。)について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

1.JPGIS は,空間データを異なるシステム間で相互利用する際の互換性の確保を主な目的(〇:誰もが地理空間情報を使える(データ間の相互互換性が図れる)ように、地理情報の標準仕様を定めたもの)に,空間データの整備及び利用の際のルールを規定したものである。

2.JPGIS は,国際標準化機構(ISO)が定めた空間データに関する国際規格及び日本工業規格(JIS)の中から,実利用に必要な部分を取り出して体系化(〇:地理情報規格群の中から,地理空間情報の概念スキーマを記述し符号化するために必要となる基本的な要素を抽出し,体系化したもの)したものである。

3.JPGIS に準拠する応用スキーマで定義された空間データの符号化には,統一モデル化言語(UML:Unified Modeling Language)(×⇒マークアップ言語(XML(eXtensible Markup Language)))を使用する。

4.測量計画機関が公共測量を実施するときは,得ようとする測量成果の種類,内容,構造,品質などを示す製品仕様書(〇)を,JPGIS に準拠して定めなければならない。

5.JPGIS に定められているメタデータは,空間データに関する説明情報(〇)で,その記述方式として国際規格に準拠した日本版メタデータプロファイルである JMP2.0 (〇:Japan Metadate Profile、なお、メタデータもスキーマーと同様、XML形式で符号化されることが求められている。)が定められている

正の内容:赤字、誤の内容:青字

参考ページ

【測量士】JPGISについて、まとめてみた。

H30年度 測量士 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*