【測量士 過去問解答】平成30年(2018) NO.5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

図に示すような宅地造成予定地を,切土量と盛土量を等しくして平坦な土地に地ならしする場合,地ならし後における土地の地盤高は幾らか。ただし,図のように宅地造成予定地を面積の等しい六つの三角形に区分して,点高法により求めるものとする。また,図に示す数値は,各点の地盤高である。

解答

 点高法の公式を覚えていればそれに代入するだけだが、意味も分からず暗記してもよくない。以下のように各面の点の標高平均=面の標高という考え方のみ覚えていれば、容易に答えを導くことができる。

① 三角形の各点標高より、三角形面の標高を求める。

点の標高平均=面の標高平均と考え、6つの三角形に対して標高を求めると下図青字ようになる。

② 三角形の面標高を平均化する

$$\frac{2.93+3.00+3.40+4.30+4.50+3.33}{6}=3.576$$

よって、地ならし後における地盤高は3.58m(答)

参考ページ

【測量士・測量士補】点高法の考え方

H30年度 測量士 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*