【測量士 過去問解答】平成30年(2018)No.2 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次の文は,国際地球基準座標系(International Terrestrial Reference Frame)(以下「ITRF」という。)などについて述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。

1. ITRF は,GNSS などの宇宙測地技術(〇)を用いた国際協力による観測に基づき構築・維持されている。

2. ITRF は,地球の重心を原点とした三次元直交座標系(〇:下記参照)である。

3. ITRF の X 軸は東経 90 度(×⇒経度0度)の子午線と赤道の交点を通る直線,Y 軸は経度 0 度(×⇒経度90度)の子午線と赤道の交点を通る直線である。

4. ITRF で表す日本列島の位置の X,Y,Z の符号は,X は-,Y は+,Z は+(〇:下記参照)である。

5. 日本では,地球の形に近い回転楕円体の準拠楕円体として,GRS80 楕円体(〇:なお、アメリカではWGS84を採用している)を採用している。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

ITRFの概要まとめ

① 楕円体の重心を3次元座標系の原点とする。
② X軸は原点から子午線(経度0°)と赤道の交点を通る軸とする。
③ Y軸はX軸に対して直交(東経90°)し、赤道を通る軸とする。
④    Z軸は自転軸とする。
⑤ 日本では、地球楕円体としてGRS80Geodetic Reference System 1980)を採用している。なお、アメリカでは、WGS84World Geodetic System 1984)が採用されている。
⑥ ①~④の設定の座標系をITRF座標系International Terrestrial Reference Frame)と呼ぶ。

参考ページ

【測量士・測量士補】座標系の種類

H30年度 測量士 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*