【測量士 過去問解答】平成30年(2018)No.6 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次の文は,測量法(昭和 24 年法律第 188 号)における測量の基準について述べたものである。明ら
かに間違っているものはどれか。


1. 基本測量及び公共測量における位置は,地理学的経緯度及び平均海面からの高さ(〇)で表示する。また,地心直交座標で表示することもできる(〇:そのほか、直角座標、極座標で表示することも可)

2. 基本測量及び公共測量における距離及び面積は,測量法で規定する回転楕円体の表面上の値(〇)で表示する。

3. 測量の原点である日本経緯度原点及び日本水準原点の原点数値は,政令で定められており,セミ・ダイナミック補正により定期的に改正されている(×:なお、測量の原点であるが、離島などの特別な事情がある場合において、国土地理院の長の承認を得たときは、この限りではない。)。

4. 測量法で規定する回転楕円体の長半径及び扁平率の数値は,政令(〇:GRS80に準拠)で定められている。

5. 測量法で規定する回転楕円体は,その中心が地球の重心と一致(〇:地心直角座標の原点と同じ)し,その短軸が地球の自転軸と一致する(〇:地心直角座標系のZ軸と一致)

正の内容:赤字、誤の内容:青字

H30年度 測量士 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*