【測量士補 過去問解答】 平成30年(2018)No.14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トータルステーション(以下「TS」という。)を用いた縮尺1/1,000の地形図作成において,標高 70mの基準点から,ある道路上の点Aの観測を行ったところ,高低角25°,斜距離33mの結果が得られた。その後,点AにTSを設置し,点Aと同じ道路上にある点Bを観測したところ,標高73m,水平距離190mの結果が得られた。 このとき,点Aと点Bを結ぶ道路とこれを横断する標高80mの等高線との交点は,この地形図上で点Bから何cmの地点か。ただし,点Aと点Bを結ぶ道路は直線で傾斜は一定であるとする。

解答

基準点からAを観測したときの、斜距離と高低角から点Aの標高を求める。下記の三角形より、基準点からAの標高差は33×sin25°(m)となる。

33×sin25° = 33 ×0.90631 =  29.90 m ≒ 30mとなり、点Aの標高は100mとなる。

次に、AからBを観測し、Bの標高が73m、AとBまでの水平距離が190mある。地形図上のBからの距離は、水平距離で表されるので、

X=190 × 7/27 = 49.25m

よって、1/1000の地形図上では 49.25 /1000 =0.04925 ⇒4.9cm

参考ページ

【測量士・測量士補 解説】三角関数(sinθ、cosθ)を感覚的に覚える方法。

No.1 No.2 No.3-ab No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*