【測量士補 過去問解説】 平成30年(2018) No.7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平たんな土地に点A,B,Cを一直線上に設けて,各点におけるトータルステー ションの器械高及び反射鏡高を同一にしてAB,BC,AC間の距離を測定した。その結果から,器械定数と反射鏡定数の和を求め,定数補正後のAC間の距離718.400mを得た。定数補正前のAB,AC 間の測定距離は,以下のとおりである。この場合の定数補正前のBC間の測定距離は,幾らか。

器械定数と反射鏡定数は、距離によらず一定の誤差をもたらすため、補正前の観測値は、

D’ = D + ⊿s (D’:観測値、D:補正距離、⊿s:誤差)

と表される。問題文の条件より、各区間の観測値は、上図を参考に

AB間:362.711 = D1 + ⊿s ・・・①
BC間:X = D2 + ⊿s ・・・②
AC間:718.370 = D3 + ⊿s ・・・③

ここで ③-①より

D2  = (D3+⊿s) -(D1+⊿s)
= 718.370 - 362.711
= 355.659

ここで、条件より補正後のAC間長 D3=718.400より

⊿s  = -0.03

よって、②より、補正前のBC間の距離Xは

X= 355.599 - 0.30 =355.629(答)

H30年度 測量士補過去問

No.1 No.2 No.3-ab No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*