【測量士補 過去問解答】 平成30年(2018) No.6

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

図に示すように多角測量を実施し,きょう角の観測値を得た。新点⑶における既知点Bの方向角は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。
ただし,既知点Aにおける既知点Cの方向角Taは320°16′40″とする。

多角測量図示

解答

(1)新点の方向角を算出する。

既知点の方向角ときょう角から、新点の方向角を算出する。


求点の方向角

A点における(1)の方向角=既知点の方向角+きょう角
⇒ 320°16′60″ + 92°18′22″ = 412°35′02″

360°以上なので、360を引いて、52°35′02″ 

(2)求めた新点の方向角から、新点における旧観測点の方向角を算出する

新点の方向角から、求点における旧観測点の方向角を算出する。


青線の角度を次の求める

(1)におけるA点の方向角=A点における(1)の方向角+180°
⇒ 52°35′02″ + 180°00′00″ = 232°35′02″

(3)(1)~(2)を繰り返して指定された方向角を求める


赤線が新点の方向角、青線が旧観測点の方向角

⓪ 方向角 = 320°16′60″ + 92°18′22″ ー 360°
      = 52°35′02″

① 方向角 = 52°35′02″ + 180°00′00″ 
      = 232°35′02″

① 方向角 = 232°35′02″ + 246°35′44″ ー 360°
      = 119°10′46″

② 方向角 = 119°10′46″ + 180°00′00″ 
      = 299°10′46″

② 方向角 = 299°10′46″ + 99°42′04″ ー 360°
      = 38°52′50″

③ 方向角 = 38°52′50″ + 180°00′00″ 
      = 218°52′50″

③ 方向角 = 218°52′50″ - 73°22′18″
      = 145°30′32″(答)

解答のポイント

  • 方向角を求める際は、ちゃんと図に書き込んで、角度との対応を確認すること。
  • 方向角=北を基準として向いている方角を表す。きょう角=旧観測点⇒新点への回転角度という意識を持つと問題が解きやすくなる。

平成30年度 測量士補過去問

No.1 No.2 No.3-ab No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*