【測量士補 過去問解答】 平成30年(2018) No.23 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,一般的な地図編集における転位の原則について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。


1. 三角点は転位しない。(〇:なお、水準点は転移できる)

2. 道路と市町村界が近接し,どちらかを転位する場合は市町村界を転位する。(〇:有形線(道路、河川)と無形線(市町村界)では、無形線を転移する)   

3. 一条河川は,原則として転位しない。(〇:海岸線、湖岸線、河川線などの有形自然物は転移しない)   

4. 海岸線と鉄道が近接し,どちらかを転位する場合は海岸線を転位する。 (×:鉄道を転移する)  

5. 転位にあたっては,相対的位置関係を乱さないようにする。(〇)

正の内容:赤字、誤の内容:青字

H30年度 測量士補 過去問解答

No.1 No.2 No.3-ab No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*