【測量士補 過去問解答】 平成30年度(2018) NO.18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画面距離10cm,画面の大きさ26,000画素×15,000画素,撮像面での素子寸法4μmのデジタル航 空カメラを用いて,海面からの撮影高度3,000mで標高0mの平たんな地域の鉛直空中写真を撮影し た。撮影基準面の標高を0m,撮影基線方向の隣接空中写真間の重複度を60%とするとき,撮影基線長は幾らか。ただし,画面短辺が撮影基線と平行とする。

解答

撮影基線長は、上図のように両撮影間の距離のことを指す。航空機で移動した分だけ、写真はずれていく。すなわち、撮影基線長は、上図のように非重複箇所の距離に等しくなる。よって、写真の非重複箇所の距離を求めることを目標とする。

(1)素子寸法と画面画素から短辺長さを求める

撮影基線と短辺が等しいので、画面上での短辺の長さを求める。

1画素につき、4μm。短辺が15000画素より

$$4\times15000\times10^{-3}=60(mm) $$

(2)画面距離と標高より、写真の大きさ(短辺長)を求める

次に、写真の大きさを求める。画面の距離が10cmに対し、標高が3000mであり、30000倍であるから

$$60\times30000\times10^{-3}=1800(m)$$

(3)非重複距離を求める

非重複度が40%であるから、非重複距離=撮影基線長は

$$1800\times{\frac{40}{100}}=720(m)$$

H30年度 測量士補 過去問解答

No.1 No.2 No.3-ab No.4 No.5 No.6 No.7 No.8
No.9 No.10 No.11 No.12 No.13 No.14 No.15 No.16
No.17 No.18 No.19 No.20 No.21 No.22 No.23 No.24
No.25 No.26 No.27 No.28        

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*