【測量士 過去問解答】令和2年(2020)No.24 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の a ~ e の文は,国土地理院が整備する基盤地図情報を利用した公共測量の実施などについて述べたものである。明らかに間違っているものだけの組合せはどれか。次の中から選べ。

a .公共測量に使用する基盤地図情報のメタデータを調べたところ,当該基盤地図情報の整備にA町の公共測量成果が使用されていた。この場合,A町に対して測量成果の使用承認申請(×:国土地理院が作成する基盤地図情報については、基本測量成果という位置づけになることから、測量法等に基づく手続が必要になる。)を行わなければならない。

b .航空レーザ測量成果から作成した 5 mメッシュの基盤地図情報の数値標高モデルを使用して,地図情報レベル5000の等高線(主曲線間隔:5 m)(〇:なお、1/1000の等高線には、1mメッシュ、1/2500の等高線には2mメッシュ以内のデータが必要)を作成した。

c .基盤地図情報の等高線から50 mメッシュの数値標高モデルを作成する際には,基盤地図情報のジオイド・モデルによる標高の補正は必要ない(〇:なお、基盤地図情報のジオイド・モデルは250mメッシュ)

d .基盤地図情報の数値標高モデルから,基盤地図情報の建築物の外周線に建築物の地表面からの高さ情報を付与することはできる(×⇒できない。数値標高モデルには、地表面の高さのみが含まれているため)。

e .都市計画区域内の基盤地図情報を基図として,地図情報レベル5000の地図を編集・作成した(〇:都市計画区域内の基盤地図情報は地図情報レベル2500であるため)。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

参考ページ

基盤地図情報サイト FAQ-国土地理院HP
基盤地図情報サイト >基盤地図情報とはー国土地理院HP

R2年度 測量士 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28択一総評 記述総評  
2-B-22-C-32-D-2,35-A5-B5-C-35-D-2

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*