【測量士 過去問解答】令和2年(2020)No.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 図に示すように,中心杭No.0からNo.12に向かう途中で縦断勾配がi 1 =- 4 %からi 2 =+ 4 %に変移する道路がある。自動車運転の安全性の観点から,勾配の変移に伴う衝撃を緩和するため,この道路に縦断曲線を挿入したい。この道路の縦断勾配の変移する箇所がNo.5+ 5 mのとき,縦断曲線の始点はどこか。最も近いものを次の中から選べ。
 ただし,道路の設計速度は50 km/h,中心杭間距離は20 mとし,縦断曲線半径R の数値は表を用いる。また,変移前後の勾配の差が小さく,さらに,両勾配の絶対値が等しいことから,挿入する縦断曲線の曲線長を式によって求め,その長さを挿入曲線の始終点間の水平距離と同一視して差し支えないものとする。

$$L=\frac{|i_{2}-i_{1}|}{100}\times{R}$$

設計速度(km/h) 縦断曲線半径R(m)
凸型曲線 凹型曲線
60 1400 1000
50 800 700
40 450 450

解答

 条件から縦断曲線半径R(VCR)を選択して、与えられた式でVCLを計算するだけである。式導入の原理まではここでは言及しない。

 設計速度50km/hで凹型曲線であるため、使用するVCRは700となる。与えられた式に各値を代入すると

$$L=\frac{4+4}{100}\times{700}=56$$

 ここで縦断変曲点がNO.5+5は、求めたVCL=56を2分する点となる。よって、縦断曲線の始点は、

$$(5\times{20}+5)-28=77$$

 よって、測点に直すと縦断曲線の始点はNo.3+17m(答)

R2年度 測量士 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28択一総評 記述総評  
2-B-22-C-32-D-2,35-A5-B5-C-35-D-2

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*