【測量士 過去問解答】令和2年(2020)No.6 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の a ~ e の文は,測量法(昭和24年法律第188号)における測量の基準について述べたものである。明らかに間違っているものだけの組合せはどれか。次の中から選べ。

a .距離及び面積は,測量法で規定する回転楕円体の表面上の値(〇:第11条2項に記載)で表示する。

b .回転楕円体の長半径及び扁平率の値は政令で定められており,過去にこれらの値が改正されたことがある(〇:ベッセル楕円体⇒GRS80楕円体へ移行した2002に変更。その後も一部改正あり)。

c .測量の原点は,日本国内では日本経緯度原点及び日本水準原点が唯一である(×⇒ただし、離島の測量、その他特別な事情がある場合において、国土地理院の長の承認を得たときはその限りではない。)。

d .日本水準原点の原点数値は政令で定められており,東京湾平均海面の高さを基準(〇)としている。

e .位置は,天文経緯度(×⇒地理学的経緯度、直角座標、極座標、地心直交座標系のいずれか)及び平均海面からの高さで表示する。

正の内容:赤字、誤の内容:青字

R2年度 測量士 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28択一総評 記述総評  
2-B-22-C-32-D-2,35-A5-B5-C-35-D-2

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*