【測量士 記述式解答】令和2年(2020) 5-B-1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 次に示す①~④について、それぞれの測量の作業内容を( )を指定する字数以内でそれぞれ示せ。

① 中心線測量(35字)
② 仮BM設置測量(35字)
③ 縦断測量(30字)
④ 詳細測量(60字)

解答・解説

 準則通り答えれば、正解する問題です。解説する点は特別ないですが、ここでは、このような一連の作業内容を覚える(理解する)際の勉強方法を以下に示します。

  • 一連作業を通しで理解する。その際、キーワードには注意する。
  • 図などを用いてイメージをつけておく。
  • 丸暗記は絶対ダメ。

路線測量の作業工程

① 中心線測量

 主要点と中心点を現地に設置し、線形地形図データファイルを作成する作業。(35字)

  • 主要点(役杭)は、4級以上の基準点に基づき、放射法等により設置する。
  • 中心点は、4級以上の基準点、IPおよび主要点に基づき、放射法等により設置する。
  • 点検測量は、隣接する中心点等の点間距離を測定し、座標差より計算した距離と比較する。
  • 実施設計では、20mピッチで中心点を設置する。

② 仮BM設置測量

  縦断測量および横断測量に必要な水準点を設置し、標高を定める作業。(32字)

  • 平地においては3級水準測量、山地においては4級水準測量を行う。
  • 仮BMの設置間隔は、標準0.5km
  • 試験では問われないが、任意座標等で高さがない場合、一つの仮BM点の標高を仮に与え(上記の例では仮BM1をH=230.000mとしている)、そのほかの仮BMの高さを水準測量で定める。

③ 縦断測量

 中心杭等の高さを求め、縦断図データファイルを作成すること。(29字)

  • 平地では4級水準測量、山地では簡易水準測量で行う。
  • 仮BM~別の仮BMに結合する。
  • 上記のように平面図の下に配置し、中心杭での現況高さ(計画高さ)を把握する資料として用いる。そのため、水平縮尺(H)は平面図と同一とする。また、高低差がわかるよう縦縮尺(V)をHの5~10倍を標準とする。

④ 横断測量

 中心杭等を基準にして地形の変化点等の距離および地盤高を定め、横断面図データファイルを作成する。

  • 中心線の接線に対して、直角方向の地形を測る
  • 測点間、役杭間の地形は、測量をしていないため比例計算等で推定する。
  • 地形が変化しているポイントでは、比例計算等により地形が推定できない可能性があるため、適宜地形変化点の横断形状を測定する必要がある。

⑤ 詳細測量

 主要構造物の設計に必要な詳細平面図(地図情報レベル250)とそれに対応した縦断面図、横断面図データファイルを作成する。(59字)

  • 現地測量(地図情報レベル250)を行い、それに対応した上記の③④を行う。

R2年度 測量士 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28択一総評 記述総評  
2-B-22-C-32-D-2,35-A5-B-15-C-35-D-2

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*