【測量士 過去問解答】令和2年(2020)No.3 正誤付き選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

次の文は,地理情報標準プロファイル(以下「JPGIS」という。)について述べたものである。明らかに間違っているものはどれか。次の中から選べ。


1.JPGISは,地理情報に関する国際規格(ISO規格)及び日本産業規格(JIS規格)の中から,基本的な要素を抽出し,体系化したもの(〇:地理空間データの標準化が主な目的)である。

2.JPGISは,様々な地理空間情報を電子化し,各種情報処理の高度化・効率化に適用される(〇:データ・ソフトウェアの標準化、ならびにメタデータの情報流通)。

3.JPGIS「附属書 3(規定)品質」では,品質の要求,評価及び報告の方式について日本版メタデータプロファイル(JMP2.0)仕様書に準拠しなければならない(×⇒別に定める「品質の要求,評価及び報告のための規則」に準拠しなければならない。なお、「品質」はJMP2.0、もしくはJIS X 7115に準拠しなければならない)ことを定めている。

4.JPGISで定義するスキーマは,統一モデル化言語(UML)を使用して記述する(〇:属性、操作、関連の3つの基本的特性があるが、このプロファイルでは属性と関連のみ扱う)。

5.JPGISに基づき作成される地理空間データ製品仕様書のメタデータは,インターネット技術を利用し,地理情報の利用促進や重複投資回避によるコスト軽減を可能とするために整備されるもの(〇:メタデータの情報流通)である。

正の内容:赤字誤の内容:青字

参考ページ

【測量士】JPGISについて、まとめてみた。

地理情報標準プロファイル(JPGIS)ー国土地理院HP
4. 地理情報標準プロファイルの利用→JPGIS関連資料のダウンロード→参考資料:地理空間データ製品仕様書作成マニュアル JPGIS2014版が参考になります。

R2年度 測量士 過去問解答

No.1No.2No.3No.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28択一総評 記述総評  
2-B-22-C-32-D-2,35-A5-B5-C-35-D-2

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*