【測量士補 過去問解答】令和2年(2020)No.25

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10年前に水平に整地した図の土地ABCDにおいて,先日,水準測量を行ったところ,地盤が不等沈下していたことが判明した。観測点の位置関係及び沈下量は,図及び表に示すとおりである。盛土により,整地された元の地盤高に戻すには,どれだけの土量が必要か。

観測点 沈下量(m)
A 0.3
B 0.2
C 0.3
D 0.2
E 0.1

解答

 試験では体積を求める式を与えられているが、年によっては自分で立式する必要がある。ここでは、式が与えられないときのために、与えられた式を分解し、順序だてて解いていくこととする。

① 点高法により、各区画の沈下量をそれぞれ求める。

各区画をA~Dとする。まず、各区画の沈下量を点高法により求める。

各区間の沈下量は、区間を構成する点の沈下量の平均値となる。よって、

Aの沈下量=1/3×(0.3+0.2+0.1)=0.2
Bの沈下量=1/3×(0.3+0.2+0.1)=0.2
Cの沈下量=1/3×(0.3+0.2+0.1)=0.2
Dの沈下量=1/3×(0.3+0.2+0.1)=0.2

② 各区画の沈下量から必要な土量を求める

すべて平均沈下量が0.2なので、A~Dの面を一つの面と考え、必要な土量体積を求める。

必要な土量V=1/2×(40×40)×0.2=160㎥(答)

過去問類題

【測量士補 過去問解答】 平成30年(2018) No.25

参考ページ

【測量士・測量士補】点高法の考え方

R2年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3-ab,cNo.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*