【測量士補 過去問解答】令和2年(2020)No.19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

画面距離10 cm,画面の大きさ26,000画素×17,000画素,撮像面での素子寸法 4 μmのデジタル航空カメラを用いて鉛直空中写真を撮影した。撮影基準面での地上画素寸法を15 cmとした場合,標高 0 mからの撮影高度は幾らか。最も近いものを次の中から選べ。
ただし,撮影基準面の標高は500 mとする。

解答

以下の相似関係を使用する。

 地表面からの高さ ∽ 画面距離
 地上画素寸法    素子寸法

②より、相似の比を求めると

15(cm):4(μm)=150000:4 ⇒ 37500:1

となる。よって、①の関係より地表面からの高さを求めると、

37500:1=X:0.1 ⇒ X=3750m

さらに、撮影基準面が500mであるから、

3750+500=4250(m)(答え)

参考ページ

【測量士・測量士補】これだけでOK。写真測量の計算問題を解くための基礎知識。

過去問類題

【測量士補 過去問解答】 平成30年(2018) No.17
【測量士補 過去問解答】 平成29年(2017) No.18

R2年度 測量士補 過去問解答

No.1No.2No.3-ab,cNo.4No.5No.6No.7No.8
No.9No.10No.11No.12No.13No.14No.15No.16
No.17No.18No.19No.20No.21No.22No.23No.24
No.25No.26No.27No.28試験総評   

測量士・測量士補コンテンツに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. より:

    μmは10のマイナス6乗ですよ。4:150000にならないといけないところが4:15000になっているのみ答えが導き出せている時点で比の計算方法が完全に間違っているのでこの解答を書いている人間がまったく数学ができないことだけはわかりました。

    1. ぎっちゃん より:

      ご指摘ありがとうございます。修正いたしました。

コメントを残す

*